女性にモテるには誠実そうな○○をプラスした服装でグッと好かれる

通販メンズファッション!2016秋のトレンドをみてみる

 

 

女性にモテるには誠実そうな○○をプラスした服装でグッと好かれる

 

ひとことに女性にモテる服装と言われても、要するに「女子どもにモテる」という意味あいだと思います。知人に女子どもになぜかモテるんだよな、と言う人がいますが、その人の服装を見ていても、特に決まったファッションでなく、「働き者だ」というところです。「働き者」ということをアピールするには、仕事着が似合うとか、目が仕事に厳しそうなとか、滑舌のよい話し方だとか、あとスタイルがいいとか、単純に服装の着こなしだけではないような気がします。「立ち姿が決まっている」、これ以上にモテる秘訣ないのではないでしょうか。その人の服装を見ますが、どんな服装だろうが、「仕事着」が似合うんですよね。機能的な服装とか、意味のないムダな服は着ません。夏場は白いシャツにチノパン、冬場は「踊る大捜査線」で織田雄二が着るようなジャンパーを使い回して、部屋ではジャージにワイシャツにチノパンだったりしています。それでも、女子どもになぜかモテるんですよね。あれってなんだろうな、と思います。

 

要するに女性にモテる服装、「モテようと思って決めても、それだけでは補えない誠実さや、働き者という雰囲気はすぐには変わらない」ということなのでしょう。あとなぜか知りませんが、ほとんどみんなメガネです。目が悪いのか知りませんが、メガネ率が高いです。モテるには、メガネが必要ですか?という問いには、どう答えたらいいのか分かりませんが、それが仕事のせいで目が悪くなったとか、勉強のせいで、目が悪くなったとか、そうした意味あいなら、メガネが必要なのでしょう。何を犠牲にして、仕事を優先したか、が大事なのです。

 

また女性にモテる服装、何を第一に考えて、仕事を優先したか、が大事なのです。仕事ができる人はモテます。ところが、かんじんの仕事ができても、何を第一にして仕事をしたかが、大事なのです。女子どもの幸せを第一に考えて、仕事をしたのではなかったなら、モテても意味がありませんよね。また、不特定多数の人からモテても、あまり意味がありませんよね。それって、ああ、この人はこの人のために一途だったんだな、と思わせる仕事が似合う男性がモテる最大の原因だとわたしは思います。

 

女子の第一印象で好印象を与える着こなしテクをみる