初デート夏服コーデでは気合いを入れるだけでグッとモテるって本質。

初デート夏服コーデをもっとみてみる

 

 

初デート夏服コーデでは少し気合いを入れるだけでグッとモテるって本質。

 

友人に紹介してもらった人と初デート。まずは簡単なお食事からということだったので自らはあまり気合いを入れすぎず、しかしある程度は気を使って女性らしさを意識した服装にしました。お昼のランチということだったので堅苦しくなりすぎないほうがいいなと思っていたのですが現れたデート相手を見てひいてしまいました。まず初デート夏服コーデで英語のプリントがされたTシャツ。下はダボダボのダメージジーンズ。足元はサンダル。手には上に着るジャッケトのようなものを持っていましたが、第一印象はいい歳してどこの田舎のヤンキーだと思ってしまいました。まるで寝起きに適当に選んできた服装でした。一応カフェでランチということだったのですが、やはり浮いた感じになってしまいました。人となりは良い感じの人だったのですが、結局1回きりのデートで連絡もとらずそこで終わりました。

 

別に初デート夏服コーデが全てで駄目だったという事ではないのですが、あまり気を使われてない感じで自分に興味がないんだなと感じてしまいました。そもそも英語のプリントがされたTシャツがあまり好きではありません。意味がわからないし、無地のほうが色んなシチュエーションにあわせやすいと思います。あとダメージジーンズはうまく着るとおしゃれに見えるのですが着方によっては微妙な印象がありこれもあまり好みではありません。サンダルは夏だったら別にいいと思いますが初デートでスポーツサンダルは避けてほしいです。バーベキューなどなら良いとは思うのですがお食事だったのでちょっと合わないなと感じてしまいました。

 

自分もそんなにおしゃれではないのですがある程度はTPOをわけた服装にしてほしかったと思います。初デート夏服コーデでTシャツであってもいいのですが白などジャッケトと合わせやすいもので、下は普通のジーンズやパンツでも印象が違うと思います。スキニ―は好みではありません。サンダルも皮系のものやスニーカーだったら大人のラフな男性の服装で素敵だなと思います。靴は多少良いものっぽく見えるものをはいてるとしっかりした男性だなという印象になります。初デート夏服コーデで頑張りすぎていなくてなおかつ気を使ってくれたんだなと嬉しくなります。

 

女子の第一印象で好印象を与える着こなしテクをみる