秋冬メンズモテる着こなしって?季節にそぐわない色は困ります

秋冬メンズモテる着こなしをもっとみてみる

 

 

秋冬メンズモテる着こなしって?季節にそぐわない色は困ります

 

秋冬メンズモテる着こなしということで、寒色系の青だったり水色を着られるとこちらまで色から寒さを感じてしまう。 実体験から話すとすると、付き合って3ヶ月目の彼と秋にキャンプに誘われ向かったところ、青色のジャンパーに水色のジーンズとなんとも寒色系で凍えそうな色合いの服を着ているではないか。 夜には火を焚くなど寒さから暖を取っているにも関わらず隣を見ると寒色系。 これはなんとも、気温や色を気にしてほしいものだ。また、なんとも秋を意識したことを象徴するような柄物と柄物の組み合わせも如何なものか。 これもまた、寒色系のコーデをしてきた彼の話だが、ニット帽、ノルディック柄のセーターまでは良しとしよう。しかしだ、チェック柄のズボンまで合わせてきたのだ。もちろん、彼はいたって真剣に合わせてきたのだ。

 

また、靴はワインレッドなのだ。これは暖色系で私の言った寒色系の日からの、ある意味彼の再チャレンジなのであろう。 これは、秋冬の気候に対する暖かさは感じるものの、主張が多すぎてむしろ暑苦しいと言いかねないではないか。 最後に私の理想の秋冬のファッションについて、述べるとしよう。理想は、できれば暖色系で柄物が喧嘩をしないコーデを心がけて頂きたい。秋冬メンズモテる着こなしで白ニットにベージュのジーンズ、もう少し欲を出すならばべっ甲メガネまであると、一緒にホットミルクを飲むなど秋冬にのっとったデートができるのではないか。靴はあまり主張してこなくて良い。秋冬メンズモテる着こなしならラフなスニーカーでも少し値のはった革靴でも良い。 外で待ち合わせをするならば、ベージュのニットや手袋、マフラーなどここでは、チェック柄やノルディック柄を取り入れても良いと思う。それはワンポイントとなり、むしろそれは可愛さまでもを出すことができるからだ。 男性の皆さん、これを踏まえて秋冬のデートだったり、外にくりだしてみてください。

 

女子の第一印象で好印象を与える着こなしテクをみる