20代男性ファッションでダサいを回避@慣れれば相当な上級者になれる

20代男性ファッションでダサいを回避、メンズスタイルのコーデをみてみる

 

 

20代男性ファッションでダサいを回避@慣れれば相当な上級者になれる

 

20代男性ファッションでダサいコーデ関して、昨今よく話題に上がりますよね。私もよく理解できないのですが、ものすごく丈の短かいパンツが流行ったり、女性の原宿系ファッションが男性の分野にまで入り込んできたりしています。悪いことでは当然ないですし、最先端のファッションということになるんでしょう。しかし、やはり最先端のファッションは見る人によってダサいかどうか決まってしまい、基本的には大多数に好かれるものではないでしょう。極端なものは置いておいて、男性ファッション、とりわけ20代でダサいと感じるものについて書いてみます。20代男性というと、学生にしても社会人にしてもあまりお金がなく、それほど大きな金額はファッションにかけることができないかと思います。

 

その中で20代男性ファッションでダサいを回避して必要最低限におしゃれや清潔感を出すためには、とにかくダサさや人によって好みの分かれるものを避けることが先決です。例えば、デニム(ジーパンといった方がいいでしょうか)にチェックシャツで、メガネをかけてリュックを背負っていては、かなりのイケメンやファッション上級者でもない限りはダサい認定されてしまいます。また、黄色やピンク、水色などを多数取り込み、あまりにカラフルな服装をしていても浮いてしまうでしょう。両者ともに街中や電車、大学構内によくいますよね。私が最もダサいと感じてしまうのは、体型に合わない服装をしている人や、体型そのものがだらしない人です。体の健康的な美しさが最も格好いいとテレビで言っているのを聞いてそうだよね、と感じたのですが、体型が健康的で程よく筋肉が付いており、その体型にあったものをきていれば、上記のような極端にダサいファッション以外はそれほどダサさは感じさせないと思います。

 

私は20代男性ファッションでユニクロ等を購入することが多いですが、体型に合わせてきちんと商品を選べば相手に清潔感を与えることができます。格好良いという評価は受けないですが、同時にダサいという評価も受けません。私の好みは、ユニクロ等でシンプルで綺麗めの状態を作った上で、あとはコート、靴、バッグ、ベルト、ストール等を用いて高級感やアクセントをつけていくような構成が好きです。20代男性ファッションでダサくない服装の基本はシンプルでアクセサリーはバリエーションを持たせる、というファッションは構成が簡単な上、慣れれば相当な上級者になれます。何よりお金がかかりませんのでオススメです。

 

人気サイト10選から絞り込んだメンズスタイルコーデをみてみる