激安メンズファッション、身の丈の格好をしてほしい3つの理由!

春服!メンズスタイルの最新コーデをみてみる

 

 

激安メンズファッション、身の丈の格好をしてほしい3つの理由!

 

20代のダサいと感じる激安メンズファッションをしている子は基本
「今まで親に完全に服をまかせていた」
これは多い。男は常道行動を好む人が多く、一度母親に決めてもらう習慣が出来ると、次の一歩やファッションに興味を持とうとしない人が多い。そうなるといざ1人暮らしをするとなっても、明らかに「母親に買ってもらいました」という格好だったりする。これは実際私の弟が「お前、親とかに服買ってもらってるだろう」と言われ、学生らしい服はこういう所でこう買う、というのを教えてもらってきたことがあった。

 

「鏡にうつる自分を毎回チェックしない」
これは意外と多い。人にどう見られているかに興味が無い人が多いのと、勝手な思い込みで「これとこれを着ればこんな風になる」と着た自分がどうなっているかを想像で仕上げてしまっている。これによって、後ろがつっていたり、肉がはみ出ている、逆にがりがり過ぎてサイズが合っていないなどの現象が起こる。

 

「着る前に服のチェックをしない」
某ブランドの服を着て、一見オシャレに見えた彼だが、後ろを歩いてビックリした。黒いジャケットいっぱいに白い粉(汗の塩)がふいている。サラリーマンでも結構多い、スーツなどをクリーニングに出したままでジャケットのベンツなどのしつけを取っていないなどもよく見る。

 

「周りの服装に合わせない」
自分が寒いからと言って周りとあまりにもかけ離れた服装もどうかと思う。

 

など等あげるときりが無いが、センスは今すぐどうにかなるものでも無いのと、個人の好みもあるのでここでは省略。20代は高校を卒業して1人暮らしをする人も多く、それまで全部親にやってもらってきた人との差がもっとも出る年代だと思う。これが30代にもなれば、結婚したり彼女が出来て段々学んだり、知らないまま結婚して、今度は奥さんが母親の代わりにあれこれやるという事にもなる。

 

なので、20代のダサい、ダサくないのジャッジはいかに自分の格好、周りの格好を見るかどうかにあると思う。20代だと何を着ても似合うもの。背伸びせず、Tシャツにデニムで十分だと思う。あとはそのメンズ服をみんなと同じような店で買うかどうかにかかってくる。激安メンズファッションで揃えるのであれば同じ店で全身コーディネートで全部買ったほうが失敗しないと個人的には思います。

 

151515151

人気サイト10選から絞り込んだ激安ブランドをみてみる